画像引用元)https://www.exosomes.jp/

化粧品原料としてヒト幹細胞培養液を製造するためには、無血清培地で幹細胞を爆発的に増殖させて壁面に付着させ、ローリングボトル方式で刺激し、抗生物質やホルモン剤を使わないなど、様々な高度な技術が必要となります。こうした技術によって作られた、エクソソームや成長因子など、タンパク質の豊富な、新しい幹細胞培養液「Remystem」を当社製品に配合しています。

 

通常、幹細胞の培養は平たいフラスコを使います。エクソソーム特有のタンパク質で分析すると、通常の培養法ではエクソソームがほとんど含まれていないことがわかりました。

 

一方で、幹細胞は何かに付着していないと培養できないという性質を生かして常に剥がれ落ちるストレスがかかる回転するボトルの壁面に幹細胞を付着させ、様々な刺激を与えることで、より多くのエクソソームや成長因子など様々なタンパク質を分泌するようローリングボトル方式培養したのが当社製品に配合されている新しい幹細胞培養液「Remystem」です。​

エクソソームの特徴は大きく3つあります。

 

1つは、必要な細胞にたどり着くまで、酵素に分解されたりマクロファージに攻撃されることなく体内に長い間存在することができる点。次に、必要な細胞にしっかり届くということ。エクソソームは内部にRNAを持っているので、分解されることなく身体中をめぐることができます。3つ目は、多様な機能性です。スキンケアにおいてアンチエイジングに活用できるものがほとんどです。

画像引用元)https://www.exosomes.jp/

iStock-1206986493.jpg